2008年06月24日

すべらない話

先週末の土曜日は久しぶりに「人志松本のすべらない話」、やってましたねTV

深夜の頃から一応欠かさず観てるのですが、今回も楽しめました〜!MVSを獲った小藪さんのよしもと新喜劇のおじーちゃん組との合コン話もかなりウケたんですが、私的にはほっしゃん。の海外で露店風呂に入った時の話がおもしろかったです演劇演劇ほっしゃん。の話はいつもおもしろいけどほのぼの系で和むんですよねぴかぴか(新しい)


番組も楽しかったのですが、今回は新たな発見もありまして。

深夜じゃなかったんで、今回はリビングのテレビで観てました。すると、家族もやってきまして一緒にみはじめたんですが、意外と83歳の祖父がウケてたことにビックリ目日頃、これは笑うだろう〜と思うことを話しても、笑うツボがわからないらしく、「おお、そうか〜」で終わることが多いんですけど、フツーに笑ってました。。やっぱプロの話術だと違うのかもな〜たらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)


祖父は2、3ネタ観ると寝ちゃったんですが、母親は最後までずっと爆笑。で、松っちゃんが「あと1人で最後です」と言って最後のサイコロを振った時、はじめて「すべらない話ってどーいうこと?」って聞いてきました。。番組の意味わからず観てたのか!がく〜(落胆した顔)


それから「すべらない」という意味について懇々と教えたのですが、ウケない=すべるっていう言葉の概念がイマイチわからないらしく、首をひねってました。。。たらーっ(汗)たらーっ(汗)



ま、笑いのツボがわかんなくても、すべるって意味がわかんなくても笑える「すべらない話」って番組はすごいな〜と思ったのでした。



posted by ハナマルブログ 福山 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。